ストーリーズ・イン・シークレット

恋愛小説置いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

73 プレゼント


“どうして?”
湧き上がった疑問。私達は意外な程上手くやっているつもりだったから。でもふと思い当たる節があり、奇妙な納得感を覚え静かに頷いていた。
「そうかぁ」
なんて。彼は電話越しに言葉を詰まらせ、
『今度きちんと会って話すよ。でもその前にこうして子供達抜きで乃木さんと話しをしたかった』
そう言った。

 クリスマスを間近に控え、私は子供達がクリスマスプレゼントに何を欲しがっているのか探りを入れていた。去年は自転車で、その前はジョージが使っている様なデジカメだった。もちろん、デジカメなんか無理だから他のものにしたけれど、今年はどんなものを子供達が欲しがるのかワクワクだった。これって親バカだなって思いながら、何を欲しがるかに子供の成長が出ている、そんな気がしていて、少し
“無理目”
なリクエストをしてくれる事を期待していた。もしかしたらスノーボードが欲しいって言い出すかもしれないし、Willかもしれない。摩利だったらプラネタリウムを自分で組み立てるキッドかもしれないし、天仁だったら巨大な鏡を欲しがるかもしれない。プレゼントってもらう以上にあげる方が楽しいよなって思いながら、勝利にも何かあげないといけないかなって事が頭をよぎる。だから子供達には内緒で、二人が産まれたときの写真をフォトフレームに入れてあげようなんて事を考えていた。
 小さなクリスマスツリーを出し、電飾を飾る。それからおもちゃのサンタクロースだとか金の球を飾り付け、最後にお星様。
「おおっ、綺麗に飾れたね~。さて、今年はサンタさん、どんなプレゼントをくれるかなぁ」
子供達の顔を覗き込むと、間髪入れず
「“お父さん”が欲しい」
答えたのは摩利だった。
「えっ?」
思わず聞き返した私に
「だってほら、僕たちに“パパ”と“ダディ”はいるけど“お父さん”はいないでしょう?」
そのいかにも
“当然”
とでも言わんばかりの表情に驚いた。
「な、何言ってるのよ」
私は答えを探し焦る。
「“お父さん”は……」
“売っていないよ”
「ねぇ、ママ。僕達“お父さん”欲しいなぁ」
あどけない天仁の瞳。子供って残酷だなって思う時が有る。人間は仔犬や子猫じゃないんだよって。そんな簡単に“お父さん”が手に入るはずがない。下唇をぐっと噛んでしまった私の服の袖をそっと引っ張り
「ねぇ、ママ。勝利に頼んでよ」
摩利が覗き込む様に私の目を見上げる。
「勝利だったら“お父さん”になってくれるよ」
「だって勝利、僕たちの事だ~い好きって言ってたよ、ママ、ね?」
この子達にとって
“お父さん”
は、
“遊んでくれる人”
という意味なのだろう。でもね。私は二人の頭を撫で、彼らをなだめる振りをしながらゆっくりと考えを巡らした。親になるってそれだけの事じゃ無いから、と。お金の事もそうだし、将来の事や躾の事も考えて、体調やお友達の事も心配し。ほんのささやかな事に一喜一憂しながら、毎日小さい事を積み重ね、手探りで進んで行く。今でこそ子供達は勝利の前で
“いい子”
をしているけど、でも家に帰ればそれだけじゃない。摩利は頑固で、天仁はかんしゃく持ちだ。その全てをひっくるめて親になる。
 何よりも、幸せを手に入れたいと思ったら、最初に自由を手放さないといけない。
 それにね。お父さんになるって事は、私と結婚するって事だから。
“勝利がお父さんになる”
考えた事がない訳じゃない。むしろ
“そうなって欲しい”
とさえ思う自分がいて、でも無理強いはできないって思う。
 私達と歩く時、彼はいつも子供達と手をつなぐ。二人を平等に扱いながら、時々
『これで良いかな?』
とでも言いたげな、ちょっと不安を含んだ目で振り返るから、私は
「二人とも楽しそうね」
子供達に声をかけるフリで勝利に答える。
『大丈夫だよ』
彼はほっとした表情を見せた後、再び子供達の世界へと戻って行く。勝利は私の隣りに居るのではなく、子供達と居る。
 できるなら、子供達が駆け回る姿を見ながら、二人で手をつなぎたかった。そして彼らが手を振るのに合わせ、私達も手を振りながら、つないでいる手にそっと力を込め無言の会話を楽しみたかった。でも今の私達にその余裕はなかった。
 それに彼が子供達を大好きだってのは分かるけど、それだけじゃ足りないって思う。ましてや
“罪滅ぼし”
な気持ちで親になんかなって欲しくない。
 そんな事を考えながら子供達に言い聞かせる。
「無理は言わないで」
不服そうな彼らは唇を尖らし
「だって」
「勝利に言ってみてよ」
を繰り返す。
「第一ね、あんた達がおじさんを“勝利”って呼んでる所でアウトだから。普通“勝利おじさん”とか“おじさん”って呼ぶものでしょ? ほら。そんなんであの人の事を“お父さん”なんて、呼べるの? ん? 無理無理。それよりさぁ、クリスマス会の時に、シドに頼んでクリスマスリースを焼いてもらわない? それともみんなで作ろうか? でもってお友達みんな驚かしちゃう?」
私は何とか彼らの興味を他の方に向けようと気を惹いたものだった。

 そんな事を思い出し、電話に向かって苦笑いを浮かべた。それとなく子供達も勝利に向かって“当たり”をつけたんだろうって事は察しがついていた。
「あの二人、でしょう? 何か言った? 例えば
“お父さんになって欲しい”
とか?」
完全な沈黙が流れ、言いにくそうな声が
『まぁ、そう言う事だよね』
と囁いた。
 彼が困るのも仕方がないよなって思う。私達が再会して6ヶ月と少しが経っていた。長い様で短いこの期間に、失ってしまった七年間を取り戻そうと思ってもできる事じゃ無い。それに悠々自適な独身生活と、子供に振り舞わされる日々じゃ天と地も違うから。私だって子供は可愛いけど、時々嫌になるのが現実。
“もし子供がいなかったら”
それは絶対に嫌だけど、でも考えてしまう瞬間が有るのも確かだった。
「子供って、重荷だもんね」
思わずそう漏らした私に、
「そんなんじゃない」
彼の答えは早かった。
「そんなんじゃないから」
と。
「期待、してしまうから」
その声はか細く、彼が苦しんでいるのは分かるけど、でも私が知りたい答えは出してくれてはいない。期待してしまうのは誰? それは勝利? それとも子供達? もしかして私の事を言っているの? そう
“もう辞めたい”
というならいっその事
『子供には責任を感じているし、可愛いと思う。でも、一緒に暮らす自信はない』
とでも言ってもらえた方がよっぽど納得がいく、そう思った。だから
「本心、言ってよ、ねぇ」
携帯をぎゅっと握りしめ、今聞かないといけない事を聞いた。
「勝利の本心は? 今更じゃない? 私達、散々失って来たから。これ以上に最悪も、これ以上のどん底もないって思ってるよ。だから、私は勝利の本心が聞きたい」
本当は七年前に言わなければいけなかった言葉。ずっと言わないといけないと知っていて、先延ばしにしていた言葉。
『そうだよな』
電話越しの彼は頷いていた。
『涼子の言う通り、そうだよな』
そしてまるで自分に何かを言い聞かせるかの様な沈黙の後、勝利は口を開いた。
『もしかしたらって。涼子が俺と一緒に暮らしてくれるかもしれないって期待してしまうんだ。過去に俺が犯した過ちを全部許してくれて、受け入れてくれるかもって。何事も無かったフリなんかできないけど、それでも今の俺を家族にしてくれるかもしれないって、期待してしまうんだよ』
彼の饒舌が私の心に響く。
『でも、それすらも怖い。もし涼子が“子供達のために”って妥協して俺を選んでくれたとしたら? それはそれで俺にとっては幸せだけど、涼子にとってそれが本当に幸せかどうか、分からない。あの子達の父親にはなれたとしても、涼子の夫になる事はできなかったらって思うと、悲しいんだ。そんなの、やってみなけりゃ分からないって、当たって砕けろって、もし他の誰かが同じ立場だったとしたらアドバイスすると思うよ。でも、自分の立場だと違うんだ。これ以上、誰も、傷つけたくない』
私は相槌を打つ事も叶わず、乱れそうになる呼吸の音が彼に伝わらない様に携帯の下の方を口元から遠く離した。
『この前、涼子のいない所でこっそり摩利君が言って来たんだ。
“僕たちにはパパとダディがいる。でも、お父さんはいない。だからもうそろそろ、お父さんが欲しいな。勝利はなる気は無いの”
って。』
彼の話し方は摩利そっくりだった。
『天仁君も頷いていた。だから、辛いんだ。涼子が
“子供達のために”
って愛してもいない男を夫に選んでしまったらって。俺は君の前のご主人には敵わない。器が違う、分かってる。その彼と比べられ、妥協して俺と一緒になったら、また涼子、不幸になってしまうよ。涼子には、子供の、父親と、一緒になって欲しいんじゃなくて、涼子が、涼子が本当に愛している人と一緒になって欲しいんだよ』
その絞り出す様な声が
“愛している”
って。言葉では言わないけど、でもはっきりと彼の気持ちを伝えてくれていた。
 私は涙を堪えるためにぐっと目頭を掌で覆った。
 どこまでも続く沈黙。私も答えたいけど、答える事ができなくて。
『ご免、取り乱したりしてさ』
彼の声が耳元で優しく囁いた。
『今度会った時、直接話させてくれないか? 子供達にも俺から話したい。絶対涼子の事悪者にしないって約束するから。だから俺の素直な気持ちを話したい。子供達も大事だけど、それ以上に大事な人がいるんだって』
どうして私は彼のその気持ちに今まで気がつかなかったんだろうって思う。嫌じゃなかったから。勝利が傍に居てくれるのが嬉しくて、その緩やかな延長線で
“いつか”
なんて温い事を考えていた。勝利がこんな風に悩んでいたなんて、思いもしなかった。だから彼の気持ちが切なくて、ああ、愛されていたんだなって。すれ違いのままここまで来ちゃったけど、何もかも乗り越えられる日は来るんだなって思えた。
「うん、その方が嬉しい」
みっともなく鼻水が落ちて来て、私の今の顔はチンクシャだ。
「私も勝利に会って返事したい。勝利の目を見て、私も自分の気持ちを話したい」
今ここで言わないのは卑怯かもしれない。それでも
「三日後の夜、家に来てくれる?」
私は彼と約束した。
「私ももう、逃げないから」
と。



    戻る    鏡TOP    続く


           オマケ付きの あとがき

♪ 勝利頑張りました! って方 ↓ クリックしてね ♪  
   
              

   * アルファポリス様 ↑ が エタニティブックス
     というレーベルを出されまして、上手くいけば出してもらえるかも ♡ と
     ささやかな野望を持ってしまっていたりします ♪




   ♪ こちらも応援頂けるとかなり! 励みになります ♪

       にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
  ▲(1回/1日)    ▲(1回/1日)  


  オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび    ネット小説ランキングに投票!    エッチ小説ランキング
  ▲(1回/1日)       ▲(1回/1月)      ▲(1回/日)




スポンサーサイト

 
 

Information

Date:2009/09/25
Trackback:0
Comment:2
Thema:自作恋愛連載小説
Janre:小説・文学

Comment

*

小説の世界は冬だけど、二人に春は来るのかな・・・
ここに来るまですんごくつらかったから期待しちゃいます!!
2009/09/25 【kanon】 URL #F/BsZWm2 [編集]

* > kanon ちゃんへ

もうここまで来たので書いちゃいます。
廣瀬、絶対ハッピーエンド主義! ですからぁ~!!
2009/09/25 【廣瀬 】 URL #- [編集]

コメントの投稿







 ブログ管理者以外には秘密にする
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。