ストーリーズ・イン・シークレット

恋愛小説置いてます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

Information

Date:--/--/--

23 ごっこ遊び

 そこのクローゼットにはドレスがずらりと列んでいた。ちょっと背が高目のあたしでも1つ1つのドレスがもの凄く大きく感じる位、沢山。
「お嬢様はお綺麗だから、ドレスを選ぶのが楽しみですね。」
こんな日はお世辞だって嬉しい。
「ありがとうございます。彼にも綺麗だって思ってもらえると良いんだけど。」
勝利はそんなあたしを苦笑いで見つめていた。
 目移りするあたし。当たり前だけどこういうのは初めてだから、いちいち説明に聞きいっちゃって
「お気に召しましたら御試着下さいね。」
って言われても、すぐに
「これ」
とは決められない。取り合えず勧められるままにどんどんと着ていった。
 着るのは意外と簡単。普通のワンピースとほとんど一緒。ずぽって足突っ込んで肩まで上げて。少しホック止めてあとはジッパーを上げるだけ。
 オフショルダー。首が長く見えるけど、体が大きく見えすぎるかな?
 スタンドネックにスレンダーは冷たく見えそう。あたしには似合ってるけど。
 正当派、フェミニンなAラインに後ろドレープ。
「以外と似合う?」
それから、ホルターネックのモンロードレスもあり。胸のパットが大きいのなんの。あたしみたいな標準じゃこれだけ入れないと駄目なのね。定番のプリンセスラインにミニもある。みんな同じに見えてレースとかちょこっとずつ違うから。
「迷われるでしょう?」
あたしは大きく頷いた。すると大きな鏡越しに勝利と目が合い
「退屈、しない?」
男はだいたいこういうのが嫌いだ。
「大丈夫だよ。ゆっくり選んで。」
そう手を振る彼にドレスの裾を直してくれていたスタッフが声をかける。
「見とれてらっしゃいます?」
なんて、有り得ないけどそうあって欲しいって思う。
「本番ではお色直しもありますから。お楽しみに。」
すると別のスタッフが勝利に近づき話しかけていた。きっと営業。彼が少しかがみながらその人の話しを熱心に聞いていて、何考えてるんだろって思うとチリッて胸が痛んだ。でも、気にしない。あたしは精一杯ドレス選びを楽しんだ。
「ねぇ、勝利も一緒に写真とらないの?」
やっとドレスが決まり化粧も直し、話し込んでいた彼に声をかけた。勝利は少しびっくりした様な顔であたしの事を見る。そんなに驚かなくても良いんじゃない?
「どうよ、いい感じでしょう?」
ちょっとオーバーな感じでポーズをとって見せびらかしてみる。かなりいけてるんじゃないかな?髪はシンプルな夜会巻きでノーチャージ。リボンテープびっしりのなにげに派手なドレスにはこれぐらいのがすっきりしていて良いかなって。かなり大人可愛いイメージ。でも
「いや、俺こんな格好だし。」
彼はジーンズとポロシャツの姿を指差し肩すくめた。
「だってぇ。」
勝利と一緒に写ってる写真なんて、今まで一度も無いんだよ?
「良いから、涼子だけ写してもらえば。」
大きく手を振りながら
「ホラ、待たせちゃ悪いから。」
なんて交わされて。一緒に写るの嫌なんだな~って、そんな事考えちゃったよ。だから無理、言えないよね。
「つまんないの。」
うつむくあたしを
「大丈夫ですよ。」
スタッフが笑った。
「本番では必ず一緒に写真とれますから。」
その言葉に目が覚めた気分だった。
「そうですね~。」
なんて言いながら、絶対無いやって。あたしは指定された場所に立ち、ブーケ握りしめながら頑張って作り笑いを浮かべた。フラッシュが眩しくって、その瞬間だけあたしに現実を忘れさせてくれた。
 撮影はあっという間に終わり、ドレスを脱いだ後しばらくの間はぼーっとしていた気がする。
「ねぇ、あたし綺麗だった?」
そんな訳の分からない質問を繰り返しながら彼の腕に腕からめ、あたし達は部屋へと向かった。彼の手にはさっき渡されたブライダルの資料だとか言う紙袋が重たそうにぶら下がっている。時間は午後5時。まだ早い。
 その入り口で珍しく彼がふざけた事を言い出した。
「お姫様抱っこ、しようか。」
最初何を言われたのか意味が分からず。
「え?」
なんて言ってしまい後悔した。彼が
“しまった”
って顔をして、ドアを開けてしまうから。
「して!」
慌ててシャツをつかんで引き止める。
「今度は新婚さんごっこ!」
廊下に響く位大きな声で言っていた。
 彼は以外と体力が有る。顔つきは童顔だけど、体は大きくて。ラブホより少し小さいサイズのベッドの上には薔薇の花でハートの絵が描いてあり。
「可愛い!」
驚くあたしを抱えたまま、彼はそこで立ったまま何回もぐるぐる回ってみせた。大きな窓と、黒い色調のテーブルの上のフラワーアレンジメントが目の端で泳ぐ。
「目が回っちゃうよ~!」
なんて言いながら、笑いながらしがみつく。
「うあっ!」
バランスを崩した彼とベッドの上に投げ出されるあたし達。花びらが舞いほのかに香る薔薇の香り。勝利も大きな口開けて笑ってた。二人見つめ合いながら笑ってた。もう理由なんか無くて、笑い出すと止まらないって事、あるじゃない?二人ともそれにハマってた。ひとしきり涙が出る位笑った。それからキスをした。
「新婚さんごっこ。」
あたしは自分の言葉でもう一度笑った。
「ねぇ、勝利。好き。」
それから
「愛してる。」
彼からもらったのは優しいキス。それから
「俺もだよ。凄い、愛してる。」
って。その時の彼はもう笑っていなかった。今のあたしにはそれだけで十分だ。勝利の首に腕を回し引き寄せ
「好きよ。一生大事にしてね。」
こんなセリフ、言えるなんて思ってもいなかったよ。すると
「絶対大事にするから。」
彼の口から出たとは思えない様な言葉を聞き、ついばむ様な優しいキスに
「んっ。」
溺れる。肌にはうっすらと汗。でもいつもみたいにシャワー浴びたいなんて言わない。
「好き。大好き。」
言葉って遅出しじゃんけんだ。気持ちがほとばしって形になってる。
「大好き。」
心を込めて精一杯言っていた。
「俺も、好きだ。」
その
“溜”
のある言葉に泣き出しそうな位感動してた。それから二人ベッドの上で服を脱がせあった。西日で彼の躯の産毛が金色に光っていてもの凄く生身だって感じた。初めて見る
“本当の”
勝利だ。
「綺麗だね。」
あたしはその胸板にキスをした。彼は微笑んだままあたしの髪を撫でる。
「涼子の方がずっと綺麗だ。」
そんな事を言われ急に恥ずかしくなって胸を隠そうとしちゃったよ。だってさ、ここはある意味リゾートホテルだよ。安いラブホの黄色い照明の下じゃない。部屋には本物の花が飾ってあってさ、鏡だってピッカピカに磨かれてる。きっとテレビにAV映らない。今まで彼に見せてきていた
“取り繕ったあたし”
がバレちゃう、そんな気がした。本当のあたしは全然イケてないし、ヤリ友作るほど楽しくもない。見てくれは派手だけど中身は糠漬け。うつむくあたしのうなじに
「俺の涼子。」
その声ははっきりと聞こえ、その響きに躯が震えた。まるで本気みたいじゃんって。そして、言い出しっぺはあたし。
「勝利。」
だから彼の柔らかな髪を抱えてベッドに仰向けになだれ込んだ。
「あたし、一生勝利のものでいたいなぁ。」
悲しいほど現実を演技、してた。




    戻る      鏡 目次   サイトTOP     続く

                   → 続く 其の弐
        いきなり超スイートな パラレルバージョン ♡
        作者、ちょっと魔が差してこんなの書きたくなりました。 





      




スポンサーサイト

 
 

Information

Date:2009/02/25
Trackback:0
Comment:0
Thema:自作恋愛連載小説
Janre:小説・文学

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。